トップページ > コラム一覧 > キャリア/MVNO(格安sim)通信速度比較 (2016年11月)

通信速度比較

キャリア/MVNO(格安sim)通信速度比較 (2016年11月)

2016/12/05

キャリア/MVNO(格安sim)通信速度比較 (2016年11月)

スマホプラン.comでは通信速度をユーザーが最適なプランを選択する際の重要な指標の一つと考え、定期的に各社の通信速度を確認しています。
先月に引き続き、今月も現在スマホプラン.comで比較を行っている11社の通信速度の比較を行いました。
回線が最も混雑する12時台に注目した測定結果を公開します。

混雑時の快適度

混雑時のつながりやすさ

受信速度

受信速度

送信速度

送信速度

測定結果

  • 混雑時でも安定した通信が可能な大手キャリアと UQ モバイル、ワイモバイル

    今月も大手キャリア3社と UQ モバイル、ワイモバイルが安定したパフォーマンスを見せています。
    混雑時の受信速度の首位はソフトバンクで38.8Mbps、先月首位のUQモバイルは64.2Mbpsから25.5Mbpsとなり今月は3位にランクダウンしています。

    上にあげた5社は各月で順位の変動はありますが、いずれも良好なパフォーマンスを継続して披露しており、安定した通信速度を重視する方にはお勧めできる通信会社となっています。

  • Lineモバイルは今月も良好な結果

    11月1日より、「コミュニケーションフリープラン」においてインスタグラムの利用がカウントフリー(通信料にカウントされない)になることが発表した、Lineモバイルですが、今月も良好な受信速度を計測しました。まだまだサービスを開始したばかりではありますので、今後どのように推移していくか注視する必要がありますが、今後に期待の出来る結果となっています。

  • 今月は、楽天モバイルとIIJmioが最も遅い値を測定

    その他のドコモ系格安simの状況ですが、先月、改善が見られていた楽天モバイル(1.3Mbps)とIIJmio(2.3Mbp)がともに0.3Mbpsと今回の測定で最も悪い値を測定しました。
    同時に実施したWeb応答速度の結果をみても、この2社が大きく悪い値となっていて、Webページを表示するのも難しい状態であることが見て取れます。

    FREETEL/イオンモバイル/OCNモバイルについても、今回の測定では1Mbps以上を測定していますが、安定して通信が出来ている上位の通信会社と比較すると混雑時の通信速度が著しく低下しているため、快適に利用できるとは言えない結果となっています。

試験概要

・試験方法
通信速度計測アプリ“Speedea”を利用して同一場所で3回ずつ試験を実施。その平均値を利用
・試験場所
東京駅八重洲中央口付近
・試験日時
11月25日(金) 混雑時:12時-13時,14時-15時
・試験端末
各社のGalaxy S6 edge(simロック解除済み)を利用し、キャリアアグリゲーション含め端末によって利用できない周波数が出ないよう考慮し測定を実施しています。
・測定対象回線
ソフトバンク回線: ソフトバンク、ワイモバイル
KDDI回線: KDDI、UQ モバイル
NTTドコモ回線: NTTドコモ、FREETEL、イオンモバイル、OCNモバイル ONE、楽天モバイル、IIJmio、LINEモバイル

*本測定結果は、実測データを元にした調査結果となっています。実測結果は測定時間や周囲の環境等の諸条件により変動し、また各通信会社ともネットワークの品質向上に日々取り組んでいるため、あくまでも取得時のデータです。

TOPへ戻る