トップページ > コラム一覧 > SIMフリーとは?スマホ料金が安くなる?【初心者向け】

入門/お役立ち

SIMフリーとは?スマホ料金が安くなる?【初心者向け】

2016/11/03

SIMフリー、SIMロックとはどういうこと?

そもそもSIMとは?

SIMというのは加入者識別モジュール(Subscriber Identity Module)の略称になります。
このSIMには電話番号、固有ID番号、契約者情報などが記録されておりスマホをとおして3G、LTE等の通信・通話する為に必要になります。

SIMフリー、SIMロックとは?

利用通信業者の制限がないことをSIMフリー、逆に制限があり特定通信業者しか使えないことをSIMロックと呼んでいます。
つまり、SIMフリーとはdocomo、au、SoftBank、その他のMVNO業者や海外通信業者でも利用できる状態をさします。
SIMロックはdocomoで契約して手に入れたスマホに、SoftBankのSIMカードを挿しても使えない状態をさします。

SIMフリーで格安SIMを利用することのメリット

2年縛りがない

縛りがないので好きなときに機種変更することができます。
多くの人にとってはあまり好ましいと思っていないであろう期間外の解約における違約金の発生から解放されます。
もちろん、SIMを他業者に変更してもMNP(ナンバーポータビリティ)でこれまで使ってきた電話番号はそのまま使えます。

海外のSIMも利用可能

海外で現地のSIMカードを契約すれば、問題なく手持ちのスマホを海外でも使用可能となります。
海外利用での高額請求の可能性をなくすことができるかもしれません。

圧倒的なメリット!料金が安い!

とにかく安いです。0SIM(ゼロシム)という無料で使えるものまであります。※ただし通話が出来ないなどの制限はある
工夫次第ではスマホ料金を月額1,000円以下に抑えることも可能です。

SIMフリーで格安SIMを利用することのデメリット

スマホ(端末)の代金が高い

キャリア(SIMロック)では2年間という一定期間の契約を結ぶことでスマホ代金を抑えることができましたが、SIMフリーでは逆に契約期間における割引などはありません。

混雑帯の回線速度が遅い場合がある

当サイトの調査の結果ではキャリアと比較すると、12時台等の混雑帯においては通常のWEB閲覧ですらストレスを感じる場合があります。
14時台等の比較的空いている時間帯の場合は極端な差はでないようです。

手厚いサポートサービスを受けることができない

ショップ等の店頭でキャリアと同等の手厚いサポートを受けることができません。
基本的には電話・メール等でのサポートになるので、ある程度は自分で解決するということが必要になってくるでしょう。

キャリアメールが利用できない(docomo.ne.jp等)

Gmail、LINEの普及もあり以前よりは重要視されなくなっていますが、
現状利用している人にとっては不便さを感じる可能性があります。

LINEモバイル以外では、LINEのID検索ができない

ID検索機能には「年齢認証」が必要になります。
LINEモバイル以外のMVNOでは年齢認証の仕組みがないためID検索機能が使えません。

TOPへ戻る