トップページ > コラム一覧 > 大手キャリアと格安SIM(MVNO)の違い

入門/お役立ち

大手キャリアと格安SIM(MVNO)の違い

2016/11/14

最近良く耳にする「格安SIM」、月々のスマホ料金が安くなりそうだけど今使ってる大手キャリア(docomo/au/SoftBank)と何が違うの?
料金が安いけど利用に不安ある方も多いと思います。そこで、大手キャリアと格安SIMの違いを分かりやすく説明します。

格安SIMの料金はなぜ安い?

MVNO事業者の安さの秘訣についてまとめてみます。

サービス提供方法

格安SIMを提供する事業者はMVNOと呼ばれておりdocomoやauの通信回線を利用することで全国に何万局も存在する携帯電話の基地局の設置費やそれらを運用する費用をかけることなく、自社の設備投資を最小限に抑える事でサービスを提供しています。

ショップ展開規模の違い

大手キャリアは全国規模でショップがありますが、多くのMVNO事業者は自社のショップを持っていません。(もちろん持っている業者もありますが規模は大手キャリアほどではありません)

だから安い

サービス提供方法、ショップ展開規模の違いによりMVNO事業者が提供する格安SIMは、大手キャリアと比べ投資を大きく抑えられるために非常に安価なサービスが提供ができます。

特徴 大手キャリア MVNO事業者
通信回線の投資・運用
全国でショップ運営
きめ細やかなサービス提供
料金 高い 安い

格安SIMの通信エリア、通信速度について

皆さんもネットや動画を見る際に読込みが遅くなり、イライラする事を経験されたことがあると思います。
そこで通信エリアや通信速度についてまとめてみます。

通信エリアについて

格安SIMの通信エリアは大手キャリアから通信回線を利用しているため基本的には同じです。

通信速度について

MVNO事業者は大手キャリアの通信回線を利用するにあたり接続料金を支払っています。
この料金により処理できるデータ量が決まっているため、多くのユーザーが利用する時間帯等(特にお昼休み)ではデータ処理量が多くなり非常に通信速度が遅くなるMVNO事業者がでてきます。

快適にインターネットを利用するには

スマホで快適なインターネット利用を求めるなら通信速度が早い事業者を選ぶのが良いということになります。
こちらで毎月当サイトスタッフが実際に速度測定をしている結果がご覧いただけます。
ぜひ事業者選びの参考にしてみてください。
通信速度比較記事一覧

大手キャリアと格安SIMの特徴の比較

スマホを快適に利用する上で、大手キャリアと格安SIMの特徴をまとめて比較してみます。

毎月の支払い料金

 料金は圧倒的に格安SIMが安いです。

通信エリア・速度

 通信エリアは基本的に大手キャリアと同じだが、通信速度は大手キャリアに軍配があがります。

サポート

 スマホの故障や、機種変更等をする際には、近所にショップがあると安心して利用できます。

比較項目 大手キャリア MVNO事業者
毎月の支払料金
通信エリア・通信速度
サポート

まとめ

スマホの料金プランを検討する上で、大手キャリアとMVNO事業者(格安SIM)の違いをご紹介しました。
契約変更するには時間とお金もかかりますので、格安SIMをご検討される際にはご自身の利用状況にあった会社を選ぶことが重要です。
料金プランはこちらから確認することができます。

TOPへ戻る