トップページ > コラム一覧 > 登録必須!便利でおすすめな無料Wi-Fiスポットの使い方ガイド

入門/お役立ち

登録必須!便利でおすすめな無料Wi-Fiスポットの使い方ガイド

2017/03/01

登録必須!便利でおすすめな無料Wi-Fiスポットの使い方ガイド

データ容量が大きい動画やゲームをダウンロードするとき、モバイルデータ通信量がかからないWi-Fiを利用している人が多いと思います。カフェや商業施設などでは、誰でも利用できる無料Wi-Fiサービスの導入が進んでおり、外出先でもインターネットが使える環境になりつつあります。

また、ドコモなどの携帯会社でスマホを契約すると、契約プランによってはキャリアが提供するWi-Fiサービスが利用できます。また、キャリア以外でも無料Wi-Fiサービスを提供している事業者もあるので、それらのサービスについてご紹介していきます。

キャリアの無料Wi-Fiサービス一覧

ドコモやau、ソフトバンクで契約したユーザーは、カフェや駅などで利用できる公衆無線LANサービスが使えます。無料Wi-Fiサービスの場合、スマホだけでなく、パソコンからでもインターネットが利用できるため、大手キャリアと契約している方は、ぜひ活用するといいでしょう。

NTTドコモ

NTTドコモでは、全国約15万カ所で利用可能な「docomo Wi-Fi」を提供しています。現在、対象のパケット定額サービスまたは料金プランを契約すると、「docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン」が適用となり、通常月額300円の「docomo Wi-Fi」が無料で利用できます。また、Wi-Fi接続に関して、ID・パスワードを入力して接続する方法以外に、SIM認証に対応している端末では、Wi-Fi機能をONにするだけでdocomo Wi-Fiに接続できる方法があります。

SSID:0000docomo/0001docomo

接続方法

SIM認証による接続方法

  1. Wi-Fi設定画面からSSID:0001docomoを選択します。
  2. ダイアログ内のEPA方式から「AKA」を選択すれば、接続完了です。

ID・パスワード認証による接続方法

1.ユーザーID・パスワードなどの確認

  1. ブラウザを起動し、「My docomo(お客様サポート)」にアクセスします。
  2. 「サービス・メールなどの設定」から「各種設定の一覧を見る」を表示します。
  3. 「ネットワーク関連(docomo Wi-Fi設定)」から「SPモードのパスワード」を入力し、「設定」をタップします。
  4. docomo Wi-FiのユーザーIDやパスワードなどが確認できます。

2.docomo Wi-Fiへの接続

  1. 上記の方法でID・パスワードなどを確認したら、Wi-Fi設定画面からSSID:0000docomoを選択します。
  2. 先ほど確認したWPA2キーのパスワードを入力し、ブラウザを立ち上げます。
  3. 「docomo Wi-Fiログイン画面」が表示されるので、ID・パスワードを入力すれば、接続完了です。

au

auでは、カフェや駅など全国20万以上の場所で「au Wi-Fi SPOT」が利用できます。auで契約する際に、LTEフラットプランに加入した場合、「au Wi-Fi SPOT」が無料になります。また、利用者のau端末に加えて、PCやタブレットからでも最大5台までなら利用可能です。Wi-Fiサービスの利用には、専用アプリをインストールする必要があり、初期設定に際しau IDが必要となるのでご注意ください。

SSID:au_Wi-Fi2(WPA2エンタープライズ)/au_Wi-Fi(WPA2)/Wi2premium_club(WPA2)/Wi2_club(WPA2)/UQ_Wi-Fi(WEP)/Wi2premium(暗号化なし)/Wi2(暗号化なし)/wifi_square(暗号化なし)

接続方法

au Wi-Fi SPOTの設定方法

  1. 「au Wi-Fi SPOT」を立ち上げ、「同意する」を選択し、「承諾する」をタップします。
  2. 「矢印ボタン」をタップし、「今する」を選択します。※au ID設定済みの場合、「au ID登録完了」画面に進みます。
  3. 「au IDを設定」し、「au IDの設定・保存」をタップします。
  4. パスワードを入力した後、「OK」をタップし、「終了」を選択します。
  5. 「次へ」をタップすると、「au Wi-Fi SPOTの利用設定」を選択します。
  6. 「au Wi-Fi SPOTの利用設定」を表示されたら、希望の利用設定を選びます。

ソフトバンク

ソフトバンクでは、カフェやレストランなどで利用できる「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供しています。フラット型パケット定額サービスに加入すると、月額467円のWi-Fiサービスが無料で利用できます。Wi-Fiサービスの利用には、一括設定が行える専用アプリが必要になります。また、ソフトバンク携帯電話以外からの端末で利用したい方は、1日467円でWi-Fiサービスが利用可能です。

SSID:0001softbank(暗号化なし)/0002softbank(WPA2エンタープライズ)/mobilepoint(WEP)

接続方法

iPhoneの場合

  1. ホーム画面より「AppStpre」を起動し、「ソフトバンク」と検索します。
  2. 「ソフトバンクWi-Fiスポット」を表示し、入力/インストールを選択します。
    ※iTunes Storeにサインインしていない場合、サインインします。
  3. インストール完了後、「開く」を選択し、「”Wi-Fi”は通知を送信します。よろしいですか」で「OK」をタップします。アプリの利用規約の内容を確認してから「同意する」を選択します。
  4. 続いて、ソフトバンクWi-FiスポットとFONサービスの利用規約を確認し、再び「同意する」を選択します。
  5. ログインID・パスワードの設定画面が表示されるので、「設定する」を選択します。
  6. ホーム画面の設定からWi-Fi設定画面を開き、Wi-Fiをオンに変更すれば設定完了です。

Androidの場合

  1. ホーム画面から「Wi-Fiスポット設定」を選択します。
  2. 「通話と発信の管理を許可しますか」に「許可」を選択します。
    ※Android 5.1.1以前では表示されません。
  3. 「端末の位置情報へのアクセスを許可しますか」に「許可」を選択します。
    ※Android 5.1.1以前では表示されません。
  4. 「ソフトバンクWi-Fiスポット利用規約に同意する」にチェックし、「次へ」を選択します。
    ※FONサービスを利用する場合、「FONサービスの利用規約に同意する」にもチェックします。
  5. 暗証番号入力を選択後、暗証番号を入力します。
  6. ソフトバンクWi-Fiスポットを「オン」に設定すれば、設定完了です。
    ※FONサービスを利用する場合、FONサービスを「オン」に設定します。

無料Wi-Fiサービス一覧

キャリアの無料Wi-Fiサービス以外に、各通信事業者などが提供しているWi-Fiサービスがあります。キャリアのWi-Fiサービスがない場所でもWi-Fi接続できるので、もしこちらで紹介するスポットが近くにある場合は登録してみてはいかがでしょうか。

FREESPOT

FREESPOTは、FREESPOT協議会が運営する公衆無線LANサービスです。FREESPOT協議会とは、株式会社バッファローが主幹事とし、10社以上の協賛企業が連結を図り、新しい通信インフラの構築を目指した活動を行っています。初回利用時にメールアドレスの登録が必要となりますが、FREESPOTの最終利用日から最大6ヶ月間は有効です。FREESPOTのメール認証システムは、登録したメールアドレスと端末のMACアドレスの組み合わせで情報管理しているため、端末ごとにメールアドレスを登録する必要がないのが特徴です。

SSID:freespot

接続方法

  1. Wi-Fi設定画面からSSID:freespotに接続します。
  2. ブラウザを開くと表示される画面に従い、利用承諾書を確認し「同意する」を選択します。
  3. 「メール認証方式」、「メールソフトを使って登録」を選択し、「メールを送信」をタップします。
  4. メール作成画面が開くので、空メールのまま送信します。
  5. 送信したメールアドレス宛にメールが届くので、本文に記載されているURLを表示すると、設定完了です。

Japan Connected-free Wi-Fi

Japan Connected-free Wi-Fiは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTTBP)が提供している無料Wi-Fiサービスです。利用する場合、専用アプリをインストールし、メールアドレスまたはSNSアカウントを登録すれば、提携しているWi-FiスポットでWi-Fi接続が行えます。Wi-Fi接続にするたびに、IDやパスワードを設定する必要がなく、「Connect」ボタンを押すだけで利用できます。

SSID:アプリ内のWi-FiスポットからSSIDを確認します。
※提携先のWi-Fiスポット詳細はJapan Connected-free Wi-Fiの公式サイトから確認できます。

専用アプリの登録方法

メールアドレスの場合

  1. Japan Connected-free Wi-Fiのアプリをダウンロードし、アプリを起動します。
  2. 利用規約と観光施策への活用に同意し、「メールアドレスで登録」を選択します。
  3. メールアドレスなどの情報を入力し「登録」を選択すると、アプリの画面が切り替わります。
  4. 入力したメールアドレスに本登録用のメールが送られるので、本文に記載されているURLにアクセスします。
  5. ブラウザが立ち上がり、受付画面が表示されたら、アプリを起動します。
  6. 登録完了の表示が出たら、「アプリトップへ」をタップすれば利用できます。

SNSアカウントの場合

  1. Japan Connected-free Wi-Fiのアプリをダウンロードし、アプリを起動します。
  2. 利用規約と観光施策への活用に同意し、登録する「SNSアカウント」を選択します。
  3. アカウント情報を入力し、ログインを行えば登録完了画面に遷移します。
  4. 「アプリトップへ」をタップすれば、利用が可能です。

接続方法

iPhoneの場合

  1. 利用するWi-Fiスポットに表示されているSSIDを確認します。
  2. 「設定」から「Wi-Fi」接続をオンにし、指定のSSIDを選択します。
  3. アプリが立ち上がるので、先ほど設定したネットワークが表示されます。
  4. 「Connect」ボタンをタップすると、接続を開始し、接続完了すればブラウザが立ち上がります。

Androidの場合

  1. 利用するWi-Fiスポットに表示されているSSIDを確認します。
  2. アプリを起動し、「Connect」ボタンをタップすると接続がはじまります。
  3. 接続完了すればブラウザが立ち上がります。

FREE Wi-Fi&TOKYO

FREE Wi-Fi&TOKYOとは、東京都と共同し、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTTBP)が運営を行う無料Wi-Fiサービスです。登録すると、FREE Wi-Fi&TOKYOと提携している都内の公共交通機関や施設などの無料Wi-Fiが利用できます。NTTBPが運営していることから、上記で紹介した「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリからでもFREE Wi-Fi&TOKYOと提携しているWi-Fiサービスが利用できます。

SSID:FREE_Wi-Fi_and_TOKYO
※提携先Wi-Fiスポットについては、FREE Wi-Fi&TOKYOの公式サイトよりご確認ください。

接続方法

メールアドレスの場合

  1. Wi-Fi設定画面からSSID:FREE_Wi-Fi_and_TOKYOを選択します。
  2. ブラウザを起動し、エントリーページが表示されるので、「インターネットに接続する」をタップします。
  3. 「メールアドレスで登録する」を選択してから、メールアドレスを入力し「利用規約」に同意します。
  4. セキュリティレベルについて確認したら仮登録が完了です。
  5. 登録したメールアドレスに本登録用のメールが送られてきます。
  6. メールに記載されているURLにアクセスすると、登録完了です。

SNSアカウントの場合

  1. Wi-Fi設定画面からSSID:FREE_Wi-Fi_and_TOKYOを選択します。
  2. ブラウザを起動し、エントリーページが表示されるので、「インターネットに接続する」をタップします。
  3. 利用する「SNSアカウント」を選択し、「利用規約」と「セキュリティレベルについて」に同意します。
  4. 選択したSNSにログインすれば、登録完了です。

キャリアのほかに、上記に挙げた無料Wi-Fiサービスを利用してみてはいかがでしょうか。ますます無料Wi-Fiサービスが利用できる場所が増えているので、モバイルデータ通信に頼らずともインターネットができる環境が増えているのはうれしいですね。

また、今回紹介したWi-Fiサービス以外に、公共交通機関やカフェに設置してある公衆無線LANについてまとめています。こちらの記事も参考にしていただけたらと思います。

無料Wi-Fiスポットに関する記事

TOPへ戻る