トップページ > コラム一覧 > MNP予約番号の取得方法とは?全キャリアの取得方法を一挙解説

格安SIM

MNP予約番号の取得方法とは?全キャリアの取得方法を一挙解説

2017/06/06

MNP予約番号の取得方法とは?全キャリアの取得方法を一挙解説

大手3キャリアから他のキャリア、もしくはMVNOなどの格安SIMに乗り換える際に、電話番号そのままで乗り換えられるMNP(Mobile Number Portability-番号ポータビリティ-)というサービスがあります。

MNPを利用すれば、電話番号が変わる心配がなく他のキャリアが使えるので、言葉の単語は知らないけど活用しているユーザーは多いのではないでしょうか。最近では格安SIMなどでも音声通話SIMを取り扱うようになり、MNPを利用する機会が増えています。

そこで今回は、MNP取得方法など具合的なポイントについてご紹介します。MNPの手続自体は簡単なので順番に詳しく説明していきたいと思います。

MNP手続きのポイント

店舗を構えているキャリアであれば、契約時にその場でMNPの取得から手続きまで行ってくれますが、MVNOなどの店舗を持たないところは、MNP予約番号を取得しておく必要があります。

MNP予約番号の取得自体は、あまり時間はかからず5分程度で取得できます。事前にMNP予約番号を取得しておけばスムーズに手続きが進められるので、契約前に予約番号だけでも取得しておきましょう。

MNPによる乗り換え手順

  • STEP.1 現在契約中の携帯会社にて、MNP予約番号を取得

    • 電話にて取得
    • WEBオンラインにて取得
    • サポート店舗にて取得
  • STEP.2 新しく契約する携帯会社で新規申し込み

    • 実際の店舗での手続き
    • WEBサイトからの手続き

「MNP予約番号の取得~新規申込み」まで上記のステップを踏みます。キャリアごとにMNP予約番号の取得には、店舗・電話・WEBサイトの3つの方法があります。

【キャリア別】MNP予約番号の取得方法

大手3キャリアを含めた、MNP予約番号の取得についてそれぞれまとめました。

ドコモを利用している方

  • 電話の場合

    • ドコモ携帯電話:151
    • 一般電話・PHS:0120-800-000

    受付時間:9:00~20:00(年中無休)

    MNP予約番号を電話して確認するのが一番楽な方法です。担当者のガイダンスに従うだけで簡単に取得できるので、ネット環境がない場合や急ぎで必要な方にはおすすめです。

    口頭で予約番号が伝えられるので、メモの用意が必要です。時間帯によってつながりにくい場合があるので、かける時間帯に気をつけましょう。

  • My docomoの場合

    ドコモのWEBオンラインであれば、スマホやPCからMNP予約番号が取得できます。

    1. My docomo」にアクセス
    2. 「My docomoサービス一覧」
    3. 「各種お申込・お手続き一覧」
    4. 「ご契約内容確認・変更」
    5. 「携帯電話番号ポータビリティー予約」から申し込めます

    ※パソコンでのMNP予約番号受付時間:9:00~21:30
    ※一括請求/一括送付サービスの代表番号、3回線以上でファミリー割引を契約している主回線の方は、パソコンから手続きが行えません。当てはまる方はドコモショップでの手続きが必要です。

  • ドコモショップの場合

    MNP予約番号はドコモショップからでも手続きできます。本人確認のための確認書類などの提出が必要になるので、MNP番号取得するだけなら、電話やサポートサイトで済ました方が便利です。

    もし、店舗に来店する場合は来店予約しておくと当日優先して対応してもらえます。待ち時間が少なく済むので、事前に予約しておくといいでしょう。

    >ドコモショップの来店予約はこちら

auを利用している方

auでも、ドコモと同様に電話やweb、auショップなどからMNP予約番号の取得ができます。

  • 電話の場合

    • au携帯電話/一般電話共通:0077-75470

    受付時間:9:00~20:00(年中無休)

    スマホやiPhoneをお持ちの方は、電話での方法がおすすめです。手続きの際にネットワーク暗証番号を聞かれますが、忘れてしまっていても手続自体は行なえます。

  • EZwebの場合

    折りたたみの携帯電話をお使いの方は、EZwebからMNP予約番号の取得ができます。スマホやiPhoneからでは利用できないのでご注意ください。

    1. 「EZキーボタン」
    2. 「トップメニューまたはauポータル トップ」
    3. 「auお客様サポート」
    4. 「申し込む/変更する」
    5. 「au携帯電話番号ポータビリティー(MNP)

    受付時間:9:00~21:30(年中無休)

  • auショップの場合

    これまでの契約内容なども一緒に確認したい方は、ショップで手続きするのが一番です。事前に来店予約をしておくと、待ち時間が少なく対応してもらえるので、来店前に予約しておくと便利です。

    >auショップの来店予約はこちら

ソフトバンクを利用している方

MNP予約番号に関して、ソフトバンクでは3つの方法で取得が行えます。

  • 電話の場合

    • ソフトバンク携帯電話:5533
    • フリーコール:0800-100-5533

    受付時間:9:00~20:00(年中無休)

    スマホを利用している方は、WEBオンラインからMNP予約番号の取得ができないので、電話か店舗での対応となります。電話が繋がったら、音声ガイダンスに沿ってダイヤルキーの「1」を押してください。暗証番号が分からない場合は、そのままお待ちいただくとオペレーターに繋がります。

  • My Softbankの場合

    3G携帯を利用している方は、「My softbank」から手続きが行なえます。iPhone、Android、4Gケータイ、AQUOSケータイでは申込みができません。

    1. 「My Softbank」
    2. 「設定・申込」
    3. 「設定・変更」
    4. 「契約者情報の変更」
    5. 「番号ポータビリティー(MNP)予約関連手続き」
    6. 「番号ポータビリティー(MNP)予約(予約番号の発行)」

    受付時間:9:00~21:30(年中無休)

  • ソフトバンクショップの場合

    電話がつながらない場合はショップなどでも手続きが行なえます。本人確認書類などが必要なので、運転免許証などの証明書を忘れないようにしておきましょう。

    ショップに向かう前に来店予約をしておくと、すぐに対応してもらえます。下記のリンクより最寄りにあるショップの来店予約ができます。

    >ソフトバンクショップの来店予約はこちら

UQモバイルを利用している方

UQモバイルの場合、MVNOとして取り扱われることが多いですが、厳密にはauのセカンドキャリアという位置づけになるため、キャリアと同じものとしてご紹介いたします。

  • 電話の場合

    • UQモバイル携帯電話/一般電話共通::0120-929-818

    受付時間:9:00~21:00(年中無休)

    電話接続後、音声ガイダンスが流れます。音声ガンダンスの途中でも希望のメニューに接続できるので、下記の数字を順に押すとMNP取得の問い合わせに進めます。

    1. フリーダイヤルに接続後、音声ガイダンスが流れます
    2. 音声ガイダンスの途中でダイヤルキー「2」を押す
    3. UQモバイルに関する音声ガイダンスが流れるので、ダイヤルキー「3」を押す
  • my UQ mobileの場合

    UQモバイルでは電話の他に、WEBオンラインからMNP予約番号の取得が可能です。下記の手順に沿って、予約番号の取得を進めていきます。

    1. my UQ mobile」にログイン
    2. 「ご契約内容」
    3. 「契約一覧照会/変更」
    4. 「詳細へ」
    5. 「他社乗り換え」

    受付時間:9:00~20:30(年中無休)

ワイモバイルを利用している方

ワイモバイルの場合、UQモバイルと同様、MVNOとして取り扱われることが多いですが、UQモバイルと同じくソフトバンクのセカンドキャリアという位置づけになるため、キャリアと同じものとしてご紹介いたします。

  • 電話の場合

    • ワイモバイル携帯電話:116
    • 一般電話:0120-921-156

    受付時間:9:00~20:00(年中無休)

    ワイモバイルでは電話からMNP予約番号を取得するのがおすすめです。電話がつながったら、短縮番号「#27」を入力すると、MNP予約番号取得に関する設定へと進めます。カスタマーサポートの混雑状況は下記よりご確認いただけます。

    >混雑状況を確認する

  • My Y!mobileの場合

    EMOBILE 4G・EMOBILE LTE・EMOBILE 3Gを利用している方のみ手続きが行なえます。他のスマートフォンなどからは利用できないので、電話やショップでの手続きが必要となります。

    受付時間:9:00~21:30(年中無休)

    >My Y!mobile ログイン

  • ワイモバイルのショップの場合

    ワイモバイルのショップにてMNP予約番号の取得ができます。本人確認が必要となるので、免許証やパスポートをお持ち頂く必要があります。

    対象外端末:ケータイ(PHS)、AQUOS PHONE ef、DIGNO DUAL 2、AQUOS PHONE es、STREAM、DIGNO DUAL

    ※上記の機種に関しては、ショップでの手続きが行なえません。対象機種をお持ちの方は、カスタマーサポートにてお手続き下さい。

    >ワイモバイルのショップの来店予約はこちら

MNPにおける注意点

上記で紹介した方法でMNPの取得が行なえますが、MNP転出時にいくつか注意が必要です。

  • 事務手数料無料
  • 有効期限:予約日を含めて15日間
  • メールアドレスが使えなくなる
  • ポイントが失効する

MNP予約番号の有効期限が予約当日から約2週間ほどしかないため、できるかぎり早いうちにMNP転出の手続きを行いましょう。

MNP予約番号の取得には料金がかかりませんが、実際に乗り換える予定の携帯会社で新規契約をする際に「MNP転出手数料」という名目で移転前の会社から請求されます。ほかにもMNP転出時にいくつか諸費用がかかる場合があるので、「MNP転出にかかる費用」にてご説明いたします。

MNPは電話番号をそのまま引き継げるサービスですが、「@docomo.ne.jp」などのキャリアメールは使えなくなるのでご注意ください。LINEなどのメッセンジャーアプリを使用している場合は、キャリアを切り替えても今までどおり利用できます。

※他のデバイスからLINEの内容を確認するには、メールアドレスの登録が必要です。キャリアメールで登録しているとログインできなくなる場合があるので、フリーメールなどに変更しておきましょう。

また、dポイントなどの毎月の携帯代に応じて付与されたポイントは、何もせずに解約してしまうと今までのポイントが失効してしまいます。せっかく貯めたポイントが全部消えてしまわないようMNP予約番号取得のタイミングと同時にポイントの移行を進めておくとよいでしょう。

MNPにかかる費用

MNPを利用して新しい携帯会社に乗り換える際に、どのような諸費用がかかるのでしょうか。それぞれの契約内容やタイミングにより異なりますが、費用がかかる可能性があるものは次のとおりです。

転出前の携帯電話会社 転出先の携帯電話会社
契約解除料 + MNP転出手数料 + 端末本体の割賦残金 + 新規契約事務手数料 = 諸費用合計
9500円 3000円 α 3000円 15500+α

MNP転出時には上記に挙げた費用がかかる場合があります。条件によってかからないものもあるので、それぞれ詳しく解説します。

MNP転出手数料

どのキャリアでもMNP転出する場合、MNP転出手数料が発生します。先ほどご紹介したとおり、MNP予約番号の取得には費用はかからないものの、実質的に支払いが必要となります。キャリアごとに手数料が異なりますが、大体2000~3000円ほどの金額が一般的です。

キャリア名 MNP転出手数料
ドコモ 2000円
5000円 ※1
au 3000円
ソフトバンク 3000円
5000円 ※2
ワイモバイル 3000円
6000円 ※3
UQモバイル 3000円

※1 携帯電話の購入を伴わない契約で、契約後90日以内の場合
※2 携帯電話の購入を伴わない契約で、契約後3ヶ月以内の場合
※3 新規契約から6ヶ月以内の場合

契約解除料

一般的に契約更新月以外のタイミングで解約する場合、「契約解除料金」として9500円がかかります。一部の例外はありますが、基本的に更新月以外の解約には費用がかかると考えておきましょう。

すぐに乗り換えが必要でなければ、契約更新月まで待ってからMNP転出を行うことをおすすめします。

割賦残金の支払い

2年しばり契約とセットで端末本体の代金を割賦している場合、解約時点での端末の支払い残金の清算が必要となります。端末代金の支払いがないと、MNP転出も含めた手続きが行えない可能性があるので、MNP転出前に端末代金がどのくらい残っているのか確認しておきましょう。

契約事務手数料

MNP転出で、解約する移転元の携帯会社で発生する費用に目が行きがちになりますが、移転先の携帯会社でも新規契約の場合、契約事務手数料がかかります。

  • 契約更新月以外でMNP転出する場合
    3000円(MNP転出手数料)+3000円(契約事務手数料)+9500円(契約解除料)=15500円(総費用)

  • 契約更新月にMNP転出する場合
    3000円(MNP転出手数料)+3000円(契約事務手数料)=6000円(総費用)

どのキャリアでも大体3000円の事務手数料がかかるので、9500円の契約解除料がかからない更新月に解約すれば、大幅に費用を抑えることが可能です。

新規申し込みに必要なもの

MNPを利用して新規申し込みをする場合、事前に用意が必要なものがあります。どの携帯会社でも下記の書類などが必要となるので、過不足なく揃えておきましょう。

  • MNP予約番号
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • クレジットカードまたはキャッシュカード
  • 端末購入代金

契約者と利用者が異なる場合、本人確認書類のほかに利用者の確認書類などが必要です。また、支払いの方法に関して、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアはクレジットカードか口座振込の両方が選べます。

しかし、格安SIMなどのMVNOでは、クレジットカードしか受け付けていない会社もあるので、詳細については各自公式サイトよりご確認いただけたらと思います。

TOPへ戻る