トップページ > コラム一覧 > 格安SIM(MVNO)9社比較!音声通話SIMの最安プランを調査

スマホプラン比較

格安SIM(MVNO)9社比較!音声通話SIMの最安プランを調査

2017/02/03

格安SIM(MVNO)9社比較!音声通話SIMの最安プランを調査

手持ちのスマートフォンはそのままで、SIMカードを格安SIMにすると、毎月のスマホ代がぐーんと安くなるのをご存知ですか?格安SIMなら、電話番号を変えずに、1,000円台で音声通話とデータ通信が利用できます。もちろん、かけ放題プランもあるので、いくらお話ししても定額料金で使うことも可能です。

今回、当サイト「スマホプラン.com」では、格安SIM会社10社を対象に音声通話SIMの最安プランを調査いたしました。月額料金プランの比較や、かけ放題付きのプランでもっともお手頃な会社はどこかまとめています。

※データ専用SIMの最安プランについては、こちらのページでご紹介しています。
最安プラン299円!格安SIM会社10社徹底比較!

音声通話SIM・最安プラン9社比較

全9社のMVNOの料金プランから、音声通話SIMの最安プランをまとめました。

※特に記載のない場合は、税抜き価格です。

音声通話SIM・最安プラン一覧
MVNO名 プラン名 データ容量 月額料金 かけ放題通話
オプション料金 プラン内容
イオンモバイル 音声500MBプラン 500MB 1130円 850円 10分かけ放題
FREETEL 使った分だけ安心プラン 100MB~ 999円 299円
840円
1499円
1分かけ放題
5分かけ放題
10分かけ放題
定額プラン 1GB 1199円
LINEモバイル LNEフリープラン 1GB 1200円 880円 10分かけ放題
楽天モバイル ベーシックプラン 1250円 850円 5分かけ放題
mineo ドコモプラン 500MB 1400円 850円 5分かけ放題
auプラン 500MB 1310円
IIJmi ミニマムスタートプラン 3GB 1600円 600円
830円
3分かけ放題(家族と10分かけ放題)
10分かけ放題(家族と30分かけ放題)
OCNモバイルONE 日次コース 110MB/日 1600円 850円
324円
10分かけ放題
050IP電話
月次コース 3GB 1800円
UQモバイル プランS 2GB 1980円 プラン込 5分かけ放題/無料通話付きプラン
ワイモバイル スマホプランS 2GB 1980円 プラン込 10分かけ放題

※2017年8月時点での情報をもとに作成しています。登録手数料などの諸経費は別途かかる場合がありますので、ご了承ください。

上記の表を見ると、各社の音声通話SIMの月額料金は、1000~2000円の価格帯となっています。プランごとにデータ容量がまちまちで、場合によってはかけ放題オプションがついているプランもあります。価格だけで見ると、契約内容の条件が異なるので、続いてかけ放題オプション込みの合計金額で各社を比較していきたいと思います。

最安プランのMVNOベスト3【音声通話SIM】

音声通話SIMで最も利用料金の安いMVNOはこちらの3社です。単純に、音声通話SIMの月額料金の価格を基準に最も安いものを上位に表示しています。データ容量などは格安SIMごとに異なりますので、各自ご確認ください。また、今回は価格に変動がある従量制プランは対象外とし、定額プランのみを参考としています。

イオンモバイル

最安料金
1130円
500MBプラン 500MB
イオンモバイルの特徴
  • 全国にあるイオンの店舗でサポートが受けられる
  • 10分かけ放題と050IP電話かけ放題のオプションがある
  • 契約期間縛り・解約金がない
最低利用期間/解約手数料
最低利用期間 なし 解約手数料 なし

イオンモバイルでは、全29種類もの料金プランを提供しています。全国200店舗以上で販売・サポートが受けられ、サポートの充実が特徴ともいえます。余った通信容量は翌月末まで繰り越しが可能で、容量の少ないプランでも安心して利用できます。さらにイオンモバイルで音声通話SIMを契約しても、契約期間のしばりがなく、解約金がかかることもなく、いつでも解約できます。

音声通話サービスについて、番号を引き継いだまま利用可能です。かけ放題プランは月額850円で10分かけ放題のオプションがつけられ、通話回線のほかに月額1500円で050IP電話での通話ができます。両方のプランに加入すれば、090/080番号と050番号の2つの電話番号の使い分けが可能です。

FREETEL

最安料金
1199円
定額プラン 1GB
FREETELの特徴
  • 1分・5分・10分のかけ放題オプションが選べる
  • LINEやポケモンGOなどのアプリの通信料が無料
  • 余ったデータは翌月に繰り越して利用できる
最低利用期間/解約手数料
最低利用期間 なし 解約手数料 なし

FREETELは、従量制の「使った分だけ安心プラン」と、定額制の「定額プラン」の2つのプランから選べます。従量制プランは100MB・999円~20GB・5570円とデータ使用量に合わせて料金が変化します。一方、定額プランは毎月決まった通信量をもとに料金が定額となります。どちらのプランも特定アプリのデータ通信が無料となるサービスが適用され、LINEやポケモンGOなどが使い放題です。また、3GB以上の定額プランでは、FacebookやInstagramなどのアプリも対象になります。

通話料については、FREETEL専用の通話アプリを利用すると、30秒10円で利用可能です。また、1分・5分・10分と時間ごとに3つのかけ放題オプションがつけられます。かけ放題のオプション料金は、1分299円、5分840円、10分1499円となっています。

LINEモバイル

最安料金
1200円
LINEフリープラン 1GB
LINEモバイルの特徴
  • カウントフリー機能により、LINEなどの特定アプリの通信料が一切かからない
  • 月額880円で10分かけ放題のオプションがつけられる
  • LINEモバイルなら初月基本料が無料
最低利用期間/解約手数料
最低利用期間 12ヶ月 解約手数料 9800円

LINEモバイルでは、月々1GBからLINEアプリが使いたい放題となるLINEフリープランがあります。LINEフリープランの場合、メッセージをはじめ動画像の送受信などLINE利用時にかかるデータ通信がすべて無料となります。さらに、LINEモバイルの機能として、ドコモやauなどのキャリアでないとLINEアプリでの年齢認証が行えないのですが、LINEモバイルであれば、LINEの年齢認証が利用できます。

音声通話サービスは月額1200円から利用でき、月額880円で10分間の通話が無料となるかけ放題オプションがあります。かけ放題オプションを利用すれば、LINEと携帯番号の使い分けが可能です。今なら初月基本料が無料となるサービスを実施しています。

かけ放題・最安プラン9社比較

かけ放題付きプランの最安価格一覧
MVNO名 プラン名 データ容量 かけ放題内容 月額合計金額
FREETEL 定額プラン 1GB 1分かけ放題 1498円
楽天モバイル コミコミプランS 2GB 5分かけ放題 1880円
ワイモバイル スマホプランS 2GB
(2年間)
10分かけ放題 1980円
UQモバイル プランS 2GB
(2年間)
5分かけ放題 1980円
イオンモバイル 音声500MBプラン 500MB 10分かけ放題 1980円
LINEモバイル LINEフリープラン 1GB 10分かけ放題 2080円
mineo ドコモプラン 500MB 5分かけ放題 2250円
auプラン 2180円
IIJmio ミニマムスタートプラン 3GB 3分かけ放題 2200円
OCNモバイルONE 日次コース 110MB/日 10分かけ放題 2450円

※2017年8月時点での情報をもとに作成しています。登録手数料などの諸経費は別途かかる場合がありますので、ご了承ください。

最安プランのMVNOベスト3【かけ放題プラン】

かけ放題プランの中で料金の安いMVNOは、次の3社です。MVNOによってはかけ放題の無料通話可能時間が変更できるものもありますが、その中でもオプション料金が安いものにしています。

FREETEL

最安料金
1498円
1分かけ放題 1GB
FREETELの特徴
  • 1分・5分・10分のかけ放題オプションが選べる
  • LINEやポケモンGOなどのアプリの通信料が無料
  • 余ったデータは翌月に繰り越して利用できる
最低利用期間/解約手数料
最低利用期間 なし 解約手数料 なし

音声通話の最安プランに引き続き、かけ放題プランではFREETELが最も安い金額を実現しています。ただし、他の2社と比べると、端末代金は別途かかるため、実質の支払金額はもう少しかかるでしょう。すでにお持ちの端末を利用する場合は、端末代がかからないので、表示金額の1498円で利用できます。

かけ放題プランでは、1分・5分・10分と3つの通話時間が選べます。基本プランは同じで、5分かけ放題と10分かけ放題を利用する場合は、それぞれ2039円、2698円と他の2社よりも割高になってしまいます。必要最低限のかけ放題プランでは心配な方はFREETELではなく、別のMVNOから選択した方がいいかもしれません。

楽天モバイル

最安料金
1880円
5分かけ放題 2GB
楽天モバイルの特徴
  • 端末代・基本プラン・かけ放題オプション全て込みの価格設定
  • 毎月の支払で楽天スーパーポイントがたまる
  • 2年目以降から支払金額が変わる点に注意!
最低利用期間/解約手数料
最低利用期間 24ヶ月 解約手数料 12000円

楽天モバイルでは、月額基本料・スマホ代・5分かけ放題がセットになったコミコミプランがあります。コミコミプランの中で、最も料金が安いコミコミプランSでは、人気の高いZenfoneやHuaweiなど全6種類のスマホが選べます。

また、1年目、2年目、3年目と月額料金が変化する点に注意が必要です。コミコミプランSの場合、1年目1880円、2年目2980円、3年目2446円となるため、最低利用期間中での実質額は、月々2430円となる計算です。

ただ、それでも端末代を考慮すれば、大分お得に利用できる金額といえます。楽天モバイルを使えば、楽天スーパーポイントがたまったり、利用できたりするので、楽天をよく利用する方は楽天モバイルにした方がお得なる可能性が高いでしょう。

ワイモバイル

最安料金
1980円
10分かけ放題 2GB
ワイモバイルの特徴
  • 基本プラン・かけ放題がセット
  • 10分以内の通話が回数無制限で利用可能
  • データ容量が2目以降変化する点に注意!
最低利用期間/解約手数料
最低利用期間 24ヶ月 解約手数料 9500円

ワイモバイルは、基本料とかけ放題がセットになったスマホプランがあります。スマホプランSでは、月々1980円で10分かけ放題が利用できます。先ほどのFREETELと楽天モバイルと比べて、かけ放題の無料通話時間が最も長いプランとなっています。端末代は別途かかるので、新規でスマホを購入する場合は、端末代金分が上乗せされます。

さらに、スマホプランSでは、毎月2GBのデータ容量が付与され、Yahoo!JAPANのサービスを利用すれば、毎月のデータ容量が追加されるサービスを実施しています。ワイモバイルであれば、Yahooショッピングやヤフオクなどでは、プレミアム特典が利用できます。

最安プランのMVNO【10分かけ放題】

かけ放題の最安プランに続き、それぞれの無料通話時間ごとにかけ放題プランを比較していきます。かけ放題プランを比較する際に、できるだけ同じ条件にするため、月間データ通信量が同じくらいのプランから選びたいと思います。一説によると、スマホユーザーの50%は月間データ通信量3GB以下という統計データがあるので、3GBくらいのプランを参考にします。

10分かけ放題プラン付きMVNO一覧
MVNO名 プラン名 データ容量 月額合計金額
イオンモバイル 音声4GBプラン 4GB 2430円
IIJmio ミニマムスタートプラン 3GB 2430円
OCNモバイルONE 日次コース110MB/日 110MB/日
(月間3.3GB)
2450円
月次コース 3GB 2650円
LINEモバイル コミュニケーションフリープラン 3GB 2570円
ワイモバイル スマホプランM 6GB
(2年間)
2980円
FREETEL 定額プラン 3GB 3099円

10分かけ放題プランで見た場合、イオンモバイルが最も月額料金が安くなることが分かりました。データ容量は3GBではなく、4GBと他のMVNOよりも多いのもポイントです。イオンモバイルでは、3GBのプランがないため、4GBのプランとなっていますが、2GBプランを契約して1GB分追加するよりも4GBプランを契約した方がお得です。

最安プランのMVNO【5分かけ放題】

5分かけ放題プラン付きMVNO一覧
MVNO名 プラン名 データ容量 月額合計金額
mineo ドコモプラン 3GB 2450円
auプラン 2360円
FREETEL 定額プラン 3GB 2440円
楽天モバイル 3.1GBプラン 3.1GB 2450円
コミコミプランM 4GB 2980円
UQモバイル プランM 6GB
(2年間)
2980円

5分かけ放題では、mineoのauプランが2360円と最安になります。ただし、mineoでは、ドコモとau、マルチキャリア対応のため、乗り換えの際に契約プランと異なるキャリアを利用している場合は、事前にSIMロック解除が必要です。10分かけ放題と比べると、月額料金でほとんど差がないため、単純に金額だけで見れば、10分かけ放題のイオンモバイルも候補に考えておくとよいでしょう。

かけ放題付きプランを選ぶ際の注意点

音声通話SIMとかけ放題つき音声通話SIMのどちらかにする場合も、自分の利用状況を踏まえてプランを選択することが重要です。今回はあくまで月額料金に関して比較しているため、通常のプランにオプションとしてかけ放題をつける場合は大体、登録事務手数料が別途発生します。

また、かけ放題をつけるのに番号が増えてしまうこともあるので、特にかけ放題を必要としている方は、単純に値段だけでなく、契約内容を十分に吟味しましょう。

TOPへ戻る