トップページ > コラム一覧 > SIMフリー端末はどこで買えばいいの?購入時の注意点とは?

入門/お役立ち

SIMフリー端末はどこで買えばいいの?購入時の注意点とは?

2017/01/18

格安SIM業者からSIMカードのみを購入した場合、SIMフリー端末を自分で購入するか、手持ちの端末が発売されたキャリアの回線と格安SIM業者が使用している回線が一致しない場合は、SIMロックを解除する必要があります。この記事はSIMフリー端末を購入方法の紹介と、注意点について説明します。

購入前の注意点について

SIMフリー端末は、キャリアの縛りが無く好きな端末を使えるという魅力の反面、注意しなければならない点もあります。まず、購入予定の端末が契約予定の格安SIMに対応しているかを確認しましょう。大抵の格安SIM業者には動作確認端末の一覧がWebサイトに記載されています。また、後述する技適マークがついているかを確認しましょう。

SIMフリー端末はどこで買えばいいのか

AndroidのSIMフリー端末の場合

amazonや楽天等の通販サイトや家電量販店等で購入することができます。

iPhoneのSIMフリー端末の場合

Appleのオンラインストアで購入が可能です。または全国に7店舗あるApple Storeで購入することも可能です。

中古端末について

iPhone、Android共に中古スマホ端末を取り扱う販売店は沢山あります。
購入する販売店に悩んだら、価格.comの中古スマートフォン一覧を使いましょう。複数の販売店から値段を比較しながら検討できるのでオススメです。

海外製の端末を購入する場合は技適マークの確認をしましょう

総務省令で定められた技適マークの無い機器で日本国内で電波通信を行うことは違法となります。海外製の端末を購入する場合、技適マークがついているかを確認しましょう。2016/5/21に電気通信事業法が一部改正され、技適マークのない海外製端末も条件付で使用可能になっていますが、あくまで訪日観光客向けの利便性を図るための条件であるため、国内では技適マークのついた端末を使うようにしましょう。
技適マークは以下の方法で確認が可能です。

Androidの場合

OSのバージョンにより名称が異なる場合がありますが、「設定」→「端末情報」→「認証情報」
で確認できます。

 

iPhoneの場合

「設定」→「一般」→「情報」→「法律に基づく情報」→「認証」で確認できます。

電波利用ホームページで検索

上記の方法は端末が手元になければ確認できません。
購入前に確認したい場合は、以下の総務省サイトから確認することができます。
電波利用ホームページ

「型式又は名称」欄に検索したい端末の形式や名称を入力して検索することができます。

※SIMフリー、SIMロック解除について詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください。
SIMフリーとは?スマホ料金が安くなる?【初心者向け】
SoftBankのSIMロック解除について【初心者向け】
auのSIMロック解除について【初心者向け】
docomoのSIMロック解除について【初心者向け】

TOPへ戻る