トップページ > コラム一覧 > arrows M03 取扱いMVNO一覧。おすすめMVNOはどれ?

格安SIM

arrows M03 取扱いMVNO一覧。おすすめMVNOはどれ?

2017/06/20

arrows M03 取扱いMVNO一覧。おすすめMVNOはどれ?

「arrows M03」はワンセグが内蔵されているので、外出先で気になるスポーツの試合も見ることができます。また、「おサイフケータイ」にも対応しているので、M03一つで外出することも可能。M02と比べると落としても割れにくくなっています。

さらに、防水キャップレスUSBを採用し、いちいちキャップを外して充電する手間がなくなりました。最新の日本語の入力システムSuper ATOK ULTIASを搭載しているので、入力もスムースです。

arrows M03が使える格安SIMはどこ?

m03通常ラインナップ

販売しておおよそ1年が経過しようとしていますが、人気の機種のため現在もキャンペーンを行っているMVNOがあります。楽天モバイルでは楽天モバイル限定色のシャンパンゴールドを、mineo(マイネオ)ではmineo限定色のグリーンを特別販売しています。また、すでにJ:COM MOBILEは、arrows M03の販売は終了しています。

arrows M03が使用できるMVNOリスト

arrows M03は、ほとんどのMVNOで使用することができます。「ぷららモバイルLTE」は2017年11月30でサービスが終了しますのでご注意ください。

IIJmio ASAHIネットLTE イオンモバイル
エキサイトモバイル OCNモバイルONE J:COM MOBILE
スマモバ So-net モバイル LTE DMM mobile
b-mobile X SIM hi-ho LTE typeD BIGLOBE
Fiimo ぷららモバイルLTE FREETEL
NifMo nuromobile mineo
U-mobile UQ mobile LINEモバイル
楽天モバイル Y!mobile Wonderlink LTE (パナソニック)

※順不同

ServersMan SIM LTE、ワイヤレスゲート、PLAY SIMについては、対応機種の掲載がありませんでした。

arrows M03を最安で入手できるMVMOは?

表記の金額は特に記載のある場合を除き、税抜き価格で表示しています。

MVNO名 本体価格 キャンペーン等利用
UQ mobile 18,800円 18,800円
楽天モバイル 19,600円
BIGLOBE 35,760円 22,760円
LINEモバイル 27,800円 24,800円
FREETEL 115,164円(通話無料等サービス含む)
IIJmio 32,800円 27,800円
mineo 31,800円 29,400円
Fiimo 32,800円 29,800円
OCNモバイルONE 32,980円(ピンク)
35,424円(黒、白)
29,980円(ピンク)
32,424円(黒、白)
nuromobile 31,200円
エキサイトモバイル 32,800円
DMM mobile 33,800円
イオンモバイル 34,800円
ASAHIネットLTE 35,000円
NifMo 35,568円
スマモバ 36,000円

※順不同

2017年6月13日現在、キャンペーンをフル活用して一番安く入手できるのは、UQ mobileの18,800円です。通常の一括購入の場合でもUQモバイルが最安となっています。

富士通から定価は公表されていませんが、35,800円程度と思われますので、16,000円以上安く購入できることになります。キャンペーンは機種が無くなり次第終了になりますので、購入予定の方は早目に問い合わせたほうが良いでしょう。

MVNO各社によるarrows M03の値段

M03を取り扱っているMVNO各社の価格をご紹介していきます。

UQ mobile

プラン名 端末代金 月額料金 14ヶ月以降
おしゃべり・ぴったりプラン(プランS) 28,800円 1,980円 2,980円
おしゃべり・ぴったりプラン(プランM) 18,800円 2,980円 3,980円
おしゃべり・ぴったりプラン(プランL) 18,800円 4,980円 5,980円

上記のプランを選択すると、UQ購入サポート割引が適用され、最大21,600円分の割引が適用されます。サポート割引適用時の端末代金は上の表をご確認ください。

おしゃべりプラン・ぴったりプランを新規契約すると、ご利用開始月から13ヶ月目まで1,000円割引が適用されもっとお得になります。

ただし、プランM・Lの場合は端末代金18,800円で購入できますが、月額料金などを含めた総費用で見るとプランSの方が割安になります。UQモバイルでは端末のみでの購入ができないので、総費用を含めた金額で判断するのがよろしいでしょう。

>UQモバイルの公式サイト

楽天モバイル

m03_楽天モバイル限定カラー・シャンパンゴールド
楽天モバイル限定カラー・シャンパンゴールド

楽天モバイルからM03を購入すると、音声通話SIMの申し込みで一括払いであれば、19,600円で購入できます。24ヶ月分割払いでは、月々817円で24ヶ月の合計は19,608円と一括の場合と比べて8円ほどしか変わらないように思えますが、その代わりに分割手数料が別途発生するため、分割の方が割高になります。

また、端末の色について、楽天モバイルだけシャンパンゴールドを取り扱っているので、限定色の端末が欲しい方は楽天モバイルで購入する必要があります。

>楽天モバイルの公式サイト

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは端末の一括購入は無く、分割のみの対応です。24回払いの分割で月々1,490円(35,760円)になります。

2017年7月2日まで、3,000円のキャッシュバッククーポンがもらえるキャンペーン中です。また、3GB以上のプランで申し込むと、それに加えて10,000円がキャッシュバックされます。
このキャンペーンを活用すれば、13,000円分お得になるので実質22,760円になります。

>BIGLOBE SIMの公式サイト

LINEモバイル

端末は27,800円で販売していますが、ピンクは既に品切れになっています。

LINEモバイルの利用が初めての場合、最初の月は月額基本料無料で、2ヶ月連続3GBのデータが増量されるキャンペーンを2017年8月31日まで行っています。
LINEモバイルの追加購入は3GBで3,000円なので、端末の価格は実質24,800円になります。

>LINEモバイルの公式サイト

FREETEL

FREETELでは、一括購入はなく分割のみの販売です。

購入時の代金は0円で、毎月2,199円~6,680円の36回払いのしばりがあります。端末代金だけでなく、通話プランとのセット料金となるので、実質的な端末代金は分かりませんが、2年目以降はさらに1,500円が追加される仕組みとなっています。

この条件をもとに総費用を計算すると下記のようになります。

  • 【1年目】
    2199円 × 12回 = 26,388円

  • 【2・3年目】
    3699円 × 24回 = 88,776円

  • 合計金額:115,164円

ほかのMVNOでは、24回払いの2年間が一般的ですが、FREETELでは36回払いとしばりの期間が1年間長いのがポイントです。今回計算の参考となったプランは、最も金額が安い「使った分だけ安心プランの100MB以下のプラン」となります。

今なら、arrows M03で新規契約もしくは乗り換えをすると、5,000円のキャッシュバックが受けられます。2017年7月31日までの期間限定なので、興味ある方は公式サイトよりご確認いただけたらと思います。

>FREETELの公式サイト

IIJmio

端末は一括で32,800円、24回分割払いで月額1,380円(合計:33,120円)となり、一括のほうが320円お得です。

2017年7月31日までの期間限定で5,000円分のアマゾンギフト券がもらえるので、実質端末は一括で27,800円になります。端末がなくなり次第終了になってしまうので、購入予定の方は早めに問い合わせを。

>IIJmioの公式サイト

mineo(マイネオ)

m03_mineo限定カラー・グリーン
mineo限定カラー・グリーン

mineoだけの限定色の【グリーン】が販売されています。

一括払いで31,800円、24ヶ月の分割だと月々1,325円(合計:31,800円)なので、分割でも一括でも価格は同額ですが、分割はカード会社の分割手数料がかかりますので注意してください。

SMSあり通話SIMの月額料金は、ドコモプランだと820円から、auプランだと1,310円からはじめられます。1GB以上のコースだと2017年7月18日までに申し込めば、毎月800円を3ヶ月間割引にするキャンペーンを行っているので、実質29,400円になります。

>mineoの公式サイト

Fiimo(フィーモ)

Fiimoでは一括支払で32,800円かかります。

2017年8月31日まで、「音声&データ通信タイプ」を申し込むと、利用開始月の翌月から月額基本料金が3ヶ月間1,000円割引になるので、実質29,800円の端末代となります。

>Fiimoの公式サイト

OCNモバイルONE

すでにOCNモバイルONEの公式サイトで掲載はされていませんが、端末本体とセットになった音声SIM付きパッケージが、NTTレゾナンントよりAmazonで発売されています。販売価格は23,400円で販売しています。ピンク、ブラック、ホワイトの3種類の取り扱いがあります。

2017年6月30日までに、新規で通話SIMを申し込むと、JCBギフトカード2,000円分がプレゼントになるキャンペーンを実施。キャンペーン適用時の実質端末価格は21,400円になります。通話SIMプランは月額1,600円から利用可能です。

NTTレゾナントのAmazon販売ページ

nuromobile

分割払いのみの対応で、24回払いの分割で月々1,300円(合計:31,200円)になります。
最安のプランは2GBで月額700円、それにSMSと通話をつけると月額700円プラスになります。

>nuromobileの公式サイト

エキサイトモバイル

一括で32,800円、24回の分割で月々1,366円(初回のみ1,382円)(合計:32,800円)になります。
一括でも分割でも料金は同じですが、分割の場合、加えてお使いのカード会社の分割手数料がかかります。

>エキサイトモバイルの公式サイト

DMM mobile

一括で33,800円、24回払いの分割で月々1,797円(43,128円)になります。
一番安い通話SIMは月額1140円となっていて、今のところキャンペーンの予定もありません。

>DMM mobileの公式サイト

イオンモバイル

一括で34,800円、24回払いの分割で税込み月々1,450円(合計:34,800円)になります。
全国のイオン200店舗以上で、料金プランの相談や故障の受付をしているので、購入を検討している方は気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

>イオンモバイルの公式サイト

ASAHIネットLTE

一括で35,000円になります。分割払いも可能です。
初期費用は3,000円で、通話SIMの最安プランは月額1,600円(3GB)になります。

>ASAHIネットLTEの公式サイト

NifMo

端末は一括で35,556円で、24回払いの分割で月々1,482円(35,568円)です。
2017年6月13日現在、ブラックは在庫あり、ホワイトとピンクは在庫僅少となっています。

>NifMoの公式サイト

スマモバ

端末だけの料金は提示されておらず、端末とLTE使い放題プランで36ヶ月までが月額4,980円、37ヶ月以降が5,980円となります。
LTE使い放題プランは通話SIMで月額3,480円なので、36ヶ月使用した時は端末代が36,000円になる計算になります。

>スマモバの公式サイト

価格コム

SIMは自前で端末だけほしいという場合、2017年6月13日現在の最安値は28,799円(ピンク)、28,800円(ブラック)、28,800円(ホワイト)となっています。
最安料金は毎日変動するので、気になる人は公式サイトをご確認ください。

>価格コムの公式サイト

arrows M03の価格競争は最終戦

arrows M01は2014年11月27日に販売され、その11ヶ月後にarrows M02が販売されました。(2015年10月29日)M03はM02の9ヶ月後の2016年7月28日に販売されています。そろそろM03の後継機が登場か?という時期に入っているので、arrows M03の値段競争はまさに最終決戦突入と言えるでしょう。

TOPへ戻る