トップページ > コラム一覧 > ワイモバイルの通信速度を比較調査【格安SIM・MVNO24時間測定】

通信速度比較

ワイモバイルの通信速度を比較調査【格安SIM・MVNO24時間測定】

2017/04/04

ワイモバイルの通信速度を比較調査【格安SIM・MVNO24時間測定】

ソフトバンクグループの格安SIM(MVNO)ブランドである「ワイモバイル」について、24時間ごとの通信速度の実測値を調査しました。測定調査では、弊社「スマホプラン.com」が開発した通信情報が取得できる測定アプリ「PS-Test」を用いて、どのくらい通信速度が出ているのか集計を行いました。

ワイモバイルの取得した受信速度と送信速度の集計データに関して、回線元であるソフトバンクの実測値を参考基準値として参照しています。ワイモバイルの通信速度はソフトバンクと比べるとどのくらい違いがあるのか、下図のグラフを参考に測定結果を見ていきましょう。

ワイモバイルにおける通信速度の時間帯別推移

ワイモバイルにおける通信速度の時間帯別推移

上記の図から、ワイモバイルとソフトバンクを比較すると、受信速度に関して、日中の時間帯においてはほとんど変わらないパフォーマンスを示す結果となっています。回線が混み合う時間帯の12時台や夕方18時台でも両者ともにあまり差がないまま推移しているのが読み取れます。中でも、日付が変わる深夜0時台からソフトバンクの通信速度が上がり始め、5時台には最大34.1Mbpsの受信速度を記録しています。一方、ワイモバイルは回線が空きはじめる深夜帯においても通信速度の大きな向上は見られず、一部の時間帯で速度が低下する場面もありましたが、15Mbps前後の数値で24時間が経過しています。

これまでの測定結果をとおして格安SIM(MVNO)の通信速度を調査しましたが、混雑時間帯の12時台で通信速度が大きく低下し、速度制限がかかる状態が続く傾向にあります。しかし、ワイモバイルの場合は、他の格安SIMと異なり、混雑時間帯でも10Mbps以上もの速度が出ており、非常に通信状況が安定している点が大きく評価できます。この集計結果から、ワイモバイルでは混雑時間帯でも高画質な動画の視聴を含めて、快適な通信接続が行えるということがいえます。

また、送信速度に関しては、2社に大きな差が生まれました。回線供給元のソフトバンクよりもワイモバイルの方が何倍も送信速度が出ている結果となり、ワイモバイルの受信速度よりも送信速度の方が高いパフォーマンスを発揮しています。ソフトバンクの送信速度は5MBpsほどの数値で推移していますが、ワイモバイルでは15Mbps以上もの数値を記録し、明らかな違いを感じる測定結果となりました。

ワイモバイルに関する通信速度の最大値・平均値について

キャリア名 最大値 平均値
受信速度 送信速度 受信速度 送信速度
ワイモバイル 18.7Mbps 25.2Mbps 12.6Mbps 17.3Mbps
ソフトバンク 34.1Mbps 7.9Mbps 18.2Mbps 5.1Mbps

※赤い箇所について、各値に対する優位性が高いものを示しています。

上記の表は、2社の最大値と平均値を算出したものをまとめています。表より受信速度に対する最大値・平均値は、ワイモバイルの最大値18.7Mbps、平均値12.6Mbps、ソフトバンクの最大値34.1Mbps、平均値18.2Mbpsとなり、受信速度に関しては、最大値・平均値ともにソフトバンクの方が優位となっています。しかしながら、10MBps以上もの速度が出ていれば、高画質な動画の視聴や画像の多いWEBサイトを閲覧する場合でも快適に利用できる数値であるため、実際に利用する分には違いを感じることは少ないでしょう。

そして、送信速度に対する最大値・平均値は、ワイモバイルの最大値25.2Mbps、平均値17.3MBps、ソフトバンクの最大値7.9Mbs、平均値5.1Mbpsと、ワイモバイルの方が逆転する結果となっています。とくに送信速度の平均値の差に注目した場合、ワイモバイルの数値はソフトバンクの数値より3倍以上もの違いがあることが分かります。そのため、ソフトバンクのユーザーがSNSなどに画像や動画をアップロードする際は、時間帯に限らず時間がかかってしまいますので、Wi-Fi接続環境化にいるのであれば、Wi-Fi接続を利用することでストレスなくデータをアップロードできると思います。

総評

ワイモバイルの測定結果について、全体を通して2社の通信速度にあまり大きな差がない印象を受けました。深夜帯にソフトバンクの受信速度が向上していますが、普段利用する時間帯で見れば、ほぼ同じくらいの数値で推移しているため、実際に使う分にはほとんど変わらないでしょう。それよりも、ワイモバイルの方が送信速度が速いため、仕事などでデータのやりとりを頻繁に行う方には、ソフトバンクを使うよりもワイモバイルの方が使い勝手がいいかもしれません。

また、通信速度以外の点についても、ソフトバンクの月額料金はおおよそ7,000~8,000円に対し、ワイモバイルでは3,000~4,000円と月額料金が半分近く安くなるほか、10分以内の通話はかけ放題となる基本プランとなっているため、どうしてもカケ放題プランが必要な方以外はワイモバイルに変更した方がお得といえます。

なお、測定環境によって、各社の電波状況や通信速度が異なる場合があります。ワイモバイルの測定数値は3月29日(水)12時~3月30日(木)11時までの測定結果をもとにしています。また、比較基準として使用したソフトバンクの数値は3月8日(水)12時~3月9日(木)11時のデータを参照しています。

これまでのキャリアを含めた測定結果に関しては、下記からご参考にしていただけたらと思います。今後も引き続き、格安SIM(MVNO)の通信速度の調査を進めて参ります。

注意事項

※測定に利用した端末は、各社の「Galaxy S6 edge」(simロック解除済み)を利用しています。端末によって利用できない周波数が出ないよう考慮し測定を実施しています。

※本測定結果は、実測データを元にした調査結果です。実測結果は測定時間や周囲の環境などの諸条件により変動します。また、各通信会社ともネットワークの品質向上に日々取り組んでいるため、あくまでも取得時のデータです。

キャリア・格安SIM(MVNO)の関連記事

  • 【全12社・24時間測定比較】キャリア&格安SIMの通信速度の調査報告
  • ドコモ・au・ソフトバンクにおける通信速度比較評価【24時間測定】
  • mineoのDプランとAプランの通信速度を比較調査【格安SIM(MVNO)24時間測定】
  • 【OCNモバイルONE編】格安SIM(MVNO)の通信速度を24時間比較調査
  • UQモバイルの通信速度を調査【格安SIM・MVNO24時間比較】
  • 格安SIM・LINEモバイルの通信速度比較【MVNO24時間測定】
  • 【FREETEL編】24時間比較! 格安SIM・MVNOの通信速度を徹底調査
  • 格安SIM・MVNO比較!IIJmioの通信速度を24時間調査
  • イオンモバイルの通信速度を調査【格安SIM・MVNO24時間測定】
TOPへ戻る