トップページ > コラム一覧 > 格安SIM(MVNO)への乗り換え手順 6ステップ

入門/お役立ち

格安SIM(MVNO)への乗り換え手順 6ステップ

2017/01/17

料金が安い格安SIMへの乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。
格安SIMを提供する事業者は基本的に、ドコモやau、ソフトバンクのように細かに対応してくれるショップが少ないので、格安SIM契約後には何かトラブルがあった時に解決できる最低限の知識は必要になりますが、現在スマホを利用していてショップに設定等を聞きに行っていない方は、それほど心配することはありません。
ここでは、どのような手順を踏んで格安SIM(MNNO)へ乗り換えていくのかをご紹介します。

ステップ1:自分の月間データ通信料を把握する

格安SIMには、データ通信量に応じた細かな料金プランが存在するので、まずは自分がどのくらい月にデータ通信を行っているのかを知る必要があります。現在キャリアを利用しているなら、キャリアサポートページから「ご利用データ確認、データ通信料の管理」にアクセスし、契約内容を含め先月と当月のデータ通信量を確認しましょう。

こちらが12月末にドコモのMy docomoで確認した結果です。当月の利用は3.48GBなので、契約しているパケットパック5GBに収まっていますね、同じように格安SIMを契約し利用するなら4~5GBの料金プランを選択すればよいのがわかります。
MyDocomo

また、ナンバーポータビリティをするには、契約事務手数料と解約手数料がかかります。

  • 契約事務手数料:2,000円~3,000円
  • 解約手数料:9,500円

キャリアの契約は基本的に2年更新となり、契約の更新する月(更新月)のタイミングで解約しなければ、「契約解除料」としてかかります。なるべく更新月で解約できるよう、契約更新月をキャリアサポートページで確認しておきましょう。

ステップ2:契約する格安SIMを決める

現在、格安SIMを提供する事業者は約200社程存在します。その中で自分にあった事業者・料金プランを決定するのは難しく、大きく料金も変わらないので、やはり信頼度が高い大手の事業者がお勧めになります。
格安SIMの通信速度はキャリアと比べ遅い傾向があるので、自分の利用になるべくあった格安SIMを探す必要があります。

スマホプラン.comではキャリアを含めたMVNO事業者を対象に自分の利用にあったお勧めの会社と料金プランをシミュレーションすることができます。
料金プランシミュレーション:https://smahoplan.com/simulation/

ステップ3:利用するスマホを決める

契約する格安SIMを決めたら、次は利用するスマホを決定しましょう。利用中のスマホを使うには、SIMロック解除やAPN(アクセスポイント名)の設定が必要になるので、ある程度の知識を持っている必要がありますが、Webで調べれば対応は可能です。
スマホの設定に自信がないなら、MVNO事業社が販売している端末を同時に購入しましょう。APN設定等や通話アプリ等もインストールされており、新しいスマホで格安SIMを長く利用するにはより安心となります。

格安SIMの契約は、家電量販店の窓口かWebでの申込みとなります。店頭での申込を希望される方はショップを持つワイモバイルやUQモバイルを選択肢にいれて格安SIM事業者を選定しましょう。

ステップ3:現行のキャリアでナンバーポータビリティの手続きをする

自分が利用している電話番号を変えずに乗り換える場合は、現在利用しているキャリアでナンバーポータビリティの予約番号を取得する必要があります。予約番号は15日間有効なので、格安SIMを購入する前に余裕を持って取得しておきましょう。有効期間を超えると自動的に失効し、現在の契約が継続されます。
予約番号の取得には下記の方法があります。

キャリアのコールセンターへ電話する ドコモ(151)、au(157)、ソフトバンク(157)

土日はいつも混み合っておりオペレーターにつながるまでかなり待たされるので、平日に電話しておくのがおすすめです。

キャリアのショップに行く

引き止めのためプランの見直しや割引等を提案される事がありますので、格安SIMへ移行するんだという強い気持ちも必要です。ただ、自分が決めた格安SIMと料金比較する良い機会とは言えます。

キャリアのサポートページで取得する(ドコモのみ)

My docomoよりMNP予約番号が取得可能です。
ログイン後に「住所や契約内容の変更手続きがしたい」を選択して「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」から予約番号を取得することができます。

ステップ4:格安SIMを契約

選択した格安SIMのWebサイトにアクセスし、申込みを行いましょう。申込みには、取得したナンバーポータビリティ予約番号の他、本人確認書類や、クレジットカードが必要になります。キャリアメールを利用していると、そのメールは利用できなくなりますので、他に利用できるWebメールが必要になります。
契約が完了すると、数日でSIMカードが送られてきます。
Freetel

 

ステップ5:格安SIMの利用開始

届いたSIMカードを利用するスマホに挿し、設定アプリでAPNの設定をすれば完了です。
APN設定方法は各社HPに記載されているので参考にしましょう。

 

TOPへ戻る