トップページ > コラム一覧 > ZTEジャパン「Blade V8」の買い時はいつ?デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)が使えるMVNOは?

格安SIM

ZTEジャパン「Blade V8」の買い時はいつ?デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)が使えるMVNOは?

2017/07/31

ZTEジャパンは1985年に創業された、中国深圳に本社のあるスマホや通信機器の会社です。2016年には携帯端末のシェアが全世界中6位、欧米全体で4位を占めるなど、日本でもこれからの人気が期待されています。

2017年春モデルの「Blade V8」は、メインに1300万画素と200万画素のデュアルカメラを搭載しており、これまで以上に写真に立体感を出すことができます。ディスプレイは5.2インチのフルHD液晶で、8コアプロセッサ、そして最新OSのアンドロイド7.0ヌガーをプリインストールしているので使いやすさもアップ。色は高級感溢れるシャンパンゴールドと、落ち着いたミッドナイトグレーの2種類となっています。

デュアルSIMカード同時待ち受けなので、ビジネスシーンにもプライベートにも使い分けることができます。


デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)とは?

1台の携帯端末でそれぞれ違うSIMカードが利用できる機能です。通信方式が異なる携帯会社のSIMカードに対応しているので、DSDSの機能がある端末を使えば、通話用のガラケーとデータ通信用のスマホと2台使い分ける必要がなくなります。

ただし、DSDSは同時待ち受け可能ですが、通信回路は1つしか対応できません。2つ同時に通信できないため、どちらかが通信中はもう片方は利用できないのでご注意ください。

「Blade V8」を最安で入手するには?


出典:http://www.ztemobile.jp/products/v8.html

Amazonで端末のみを購入する方法が一番安く「Blade V8」を入手できます。SIMとのセット販売はIIJmioのみ行っており、Amazonで購入するよりも3,000円ほど高くなります。

※特に記載のない場合は、税抜価格です。

「ZTE Blade V8」の販売価格一覧
「ZTE Blade V8」の取扱店 販売価格
一括購入 24回分割払い
Amazon 31,625円
コジマネット 34,790円
ビックカメラ.com 34,790円
ソフマップ.com 34,790円
ヨドバシ.com 34,797円
IIJmio 34,800円 1,500円
(総額:36,000円)

「Blade V8」を購入できるMVNOは限られている?

ZTE「Blade V8」は、2017年5月25日に販売されたばかりということもあり、取り扱っているショップが限られています。発売後約2ヶ月経った2017年7月20日現在、ZTE公式サイトに書かれている取り扱い店舗とオンラインショップ以外のMVNOや家電量販店での販売は見受けられませんでした。

発売後9ヶ月経過したZTE「AXON7 SIMフリー」になると、公式サイト以外のショップでの取り扱いが行われているので、じきに販路が拡大すると考えられます。

IIJmio

一括払いで税抜34,800円、24回分割払いで月々税抜1,500円(合計36,000円)となっています。一括で購入したほうが1,200円と分割手数料分お得になっています。

IIJmioの詳細はこちら

Amazon

ミッドナイトグレー、シャンパンゴールドとも同額で、税抜31,625円で販売しています。

Amazonの詳細はこちら

大手家電量販店の通販サイト

2017年7月20日現在、コジマネット、ビックカメラ.com、ソフマップ.comとも、税抜34,790円で販売しています。ヨドバシ.comはわずかに高く税抜34,797円でした。

価格コム

Amazonと上に記した大手家電量販店のみがラインナップされており、他のショップの価格情報はまだ記されていませんでした。

価格コムの詳細はこちら

Blade V8が使えるMVNO

主要MVNOの中でも動作確認している会社は、まだ少ない印象です。ZTEの過去に出た他の端末の動作確認は行っているMVNOもあり、公式サイトでの公表が待たれます。

  • IIJmio
  • DMM mobile
  • FREETEL
  • LINEモバイル
  • UQコミュニケーションズ
  • 楽天モバイル(VoLTEの設定が有りますがVoLTEは利用できません。)

※BIGLOBE SIM、NifMo、mineo、nuroモバイル、OCN モバイル ONE、U-mobile、イオンモバイル、exciteモバイル、もしもシークス、ワイモバイルは動作確認情報がありませんでした。

まとめ

ZTE「Blade V8」は、2017年5月に春モデルとして販売されてから日が浅いため、販売している会社も公式サイトに記されている範囲内です。安くてもまだ定価の3,000円引き程度の値下げとなっています。デュアルSIMカード同時待ち受けや、1300万画素と200万画素のデュアルカメラ、そして8コアの快適さや最新アンドロイドOSをいち早く体感したい場合は在庫がある今のうちの入手をオススメします。

もう少し値下げを待つのであれば、各社の秋モデルが出た頃のキャンペーンを狙うと良いでしょう。

TOPへ戻る