トップページ > コラム一覧 > iPhone 5SにおすすめのMVNOはどれ? 安く手に入れる方法についてご紹介!

格安SIM

iPhone 5SにおすすめのMVNOはどれ? 安く手に入れる方法についてご紹介!

2017/06/29

iPhone 5SにおすすめのMVNOはどれ? 安く手に入れる方法についてご紹介!

2013年11月22日に販売されたiPhone 5SのSIMフリー機は、3年半以上経った現在も人気機種として使用されています。16GB、32GB、64GBの3種類あり、4インチサイズのiPhoneとして2016年3月までアップルストアで販売されていました。それと入れ替わるようにして2016年からMVNO各社が販売をスタート。後継機は同じく4インチサイズのiPhone SEとして、2016年3月に発売されています。


出典:http://www.ymobile.jp/iphone/5s/

女性が片手で持っても操作しやすいサイズで、ポケットに入れても邪魔にならないため、スマホ全体が大型化している現在もiPhone 5Sの愛用者は多く存在しています。多くのショップで他社からの乗換えの場合、実質本体が無料で販売されていた時期もありました。Touch ID指紋認証センサーや、4G LTEワイヤレス接続、8メガピクセルセンサーのiSightカメラを搭載と、発売3年半経っても使用に耐えうるiPhoneです。

iPhone 5Sが安く入手できるMVMOは?

※金額については、特に記載がない場合を除き税抜き価格で表示しています。

2017年6月22日現在、新品のiPhone 5Sと音声SIMのセット販売を行っているMVNOはありませんでした。中古のiPhone 5Sに限り、「Tikimo SIM」が販売しています。

Tikimo SIM

Tikimo SIMでは中古のiPhone 5S(16GB、ゴールド)を12,000円で販売しており、表面に多少すり傷があるレベルのものが出品されています。接続設定などは自分で行う必要があるため、理解がないと難しいかもしれません。

購入する条件として、12ヶ月以上継続して契約する必要があります。新規申込の場合は機器代金を一括前払いのみ購入可能です。

ワイモバイル

現在は販売していませんが、ホームページに入荷未定として価格のみ書かれています。2016年3月当時は、32GBの端末をSIMとセット販売しており、一括でも24回の分割払いでも39,700円でした。

ワイモバイルでは高校生を中心にiPhone 5Sがよく売れたことで、前年の約3倍売上が伸びた実績があります。

日本主要3キャリアでの扱いは?

発売後既に3年半経過しており、DoCoMo、au、ソフトバンクとも既に端末の販売は終了しています。

iPhone 5Sの中古市場価格は?

iPhone 5Sを中古で購入する時の値段は、傷や使用感があると1万5,000円程度、比較的状態の良いものだと3万円から3万7,000円で販売されています。

ソフマップ・ドットコム

2017年6月22日現在、中古のiPhone5SのSIMフリー機は8台出品がありました。中古価格は30,800円から37,800円となっています。16GB、32GB、64GBの3種類ありますが、中古のiPhoneは64GBのほうが16GBより高いというわけではなく、傷の有無や状態が良いものが高くなっています。

ドスパラ中古WEB通販

2017年6月22日現在、中古のiPhone5SのSIMフリー機は2台出品がありました。価格はiPhone5S 32GB ゴールドのBランク(汚れなどの使用感あり)で31,901円。iPhone5S 32GB シルバーのBランク(汚れなどの使用感あり、フチに目立つ傷あり)で15,900円で販売されています。

ムスビー

2017年6月22日現在、中古のiPhone5SのSIMフリー機は30,371円から21,112円で6台販売されています。状態はどれも新品同様でムスビーでは保証もつけています。

iPhone 5Sが使える格安SIMはコレだ!

iPhoneということもあり、多くのMVNOで格安SIMを使用することができます。以下は公式ページで動作確認が記されているMVNOです。

  • ASAHIネット LTE
  • BIGLOBE SIM
  • b-mobile
  • DMM mobile
  • DTI SIM
  • Fiimo
  • FREETEL
  • hi-ho LTE
  • IIJmio
  • J:COM
  • LINEモバイル
  • nuro
  • mineo
  • OCN モバイル ONE
  • SkyLinkMobile
  • Tikimo SIM
  • U-mobile
  • UQモバイル
  • Y!mobile
  • Wonderlink LTE
  • WirelessGate SIM
  • イオンモバイル
  • インターリンク
  • エキサイトモバイル
  • ファンドビレッジ
  • もしもシークス
  • 楽天モバイル

※NifMo、ペンギンモバイル、ポインティSIMについては公式ページに動作確認が明示されていませんでした。

iPhone 5Sを買うなら中古で探そう!

iPhone5Sの後継機としてiPhoneSEが発売されたのがきっかけに、ほとんどのキャリアやMVNOで取り扱わなくなりました。今から端末を購入するには、上記で紹介した中古販売サイトで端末を購入し、各自MVNOなどでSIMカードを用意しましょう。

iPhone 5SはiPhoneの最新モデルと比べて機能は劣りますが、インターネットなどをする分には十分なスペックといえます。安くiPhoneを手に入れるにはiPhone5Sはおすすめです。

TOPへ戻る